DVDとか、カップMEN!

私が感銘をうけたDVD・CD・本etcをご紹介します!!
もちろん、感迷(!?)を受けた作品も(+o+)

ネタがないときには1人暮らしの悩み、給料前のお友達・カップメンの味評価も聞いてください◎

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

2008.05.10 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
-
-
スポンサードリンク

パフューム ある人殺しの物語

2007.09.30 Sunday 23:08
先に小説を読んでいたらどんな感想になったんかな〜、と思う。正直、スピルバーグ他、映画監督らがこの小説を映画化したいと思っていた理由がわからない。やっぱ、天才は凡人とは違うんかな!?

主人公の変態ともとれる匂いに対する執着ぶり、匂いで存在を証明する主人公が、自分の体臭が無臭であることに苦悩する様は、天才っぽくてよかったと思う。

主人公が13人(不吉な数やね)の女性を殺害し、究極の香水を作り上げていく過程はなかなかおもしろかった。出来上がった香水は最後にどーいう形で世の中に残るのか!?主人公の運命は!?なんてことを考えながらクライマックスを見たら・・・

もー失笑でした(笑)どんだけいい匂いなんだよ!っていう人々の陶酔ぶり。しまいには、娘殺された親父が「MY SON・・・」って言って主人公にひざまづくとは・・・おいおいそりゃないだろ。。。リアルに劇場でお手上げしてしまいました。後ろの人、すいませんでした。

主人公が結局「匂い」に滅ぼされる描き方が良かっただけに残念でした。
DVD
comments(0)
trackbacks(0)
Jo

スポンサーサイト

2008.05.10 Saturday 23:08
-
-
-
スポンサードリンク

コメント

コメントする










トラックバック

この記事のトラックバックURL